ペット保険とは

私たちが病気になって医者にかかる場合、健康保険に加入していれば医療費は3割負担で済みます。しかし、犬や猫などペットが動物病院にかかると、私たちのように健康保険制度がないため自費扱いとなり、高額な医療費を支払わなくてはいけません。

ペットが突然の病気や事故に遭って治療や手術が必要になった時に、高額な医療費を請求されて驚くケースがあります。このような現状では、医療費が高いためにペットを病院に連れて行かないという方が出る可能性もあります。ペットは私たちと同じ命あるものです。健康状態を把握し、健康に問題があれば医者に見てもらうのは飼い主として当然の行いです。

放置した結果、病気が悪化して取り返しのつかない状態になるのを避けるためにも、医療費の保証をしてくれるペット保険を知っておきましょう。ペット保険の始まりはイギリスと言われています。30年以上前から販売されていて、近年では銀行や一流デパートで販売される他、街のコンビニエンスストアなどでも扱われています。

ペット保険に入るには、まず加入審査を受けなくてはなりません。動物病院で診断書を書いてもらうケースもあれば、自己申告でOKのところもあります。

ペット保険に加入すると、治療費や入院費など、医療費の補償が受けられます。ただし、避妊・去勢手術など適用されないものもあります。保険会社によっては、割引制度を適用しているところもあるので、詳しく調べてみると良いでしょう。

ペット保険は犬・猫はもちろん、鳥やうさぎ、フェレット、爬虫類まで加入対象は広がっています。ぜひ検討してあげてください。

以下はペット保険の主な形式です。

■定率補償型
かかった治療費に対して、定率(50%等)の規定額にて補償するタイプです。

■定額補償型
かかった治療費に対して決められた規定額をその規定額内にて補償するタイプです。

■実額補償型
定められた規定額の範囲でかかった費用の実費を補償するタイプです。

ペット保険を扱っている会社は色々あります。各保険団体によってサービス内容や必要書類が異なりますので、資料を取り寄せ比較検討してみると良いでしょう。

ペット保険

フルーラ ラムネ
http://www.masatoya.net/ww_2781.html

http://sendai.kingindou.com/


ティアモ カラコン
ティアモのカラコンをお考えの方に朗報です!

ナースシューズ かわいい
可愛いナースシューズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!