ペット保険のトラブル

さまざまなペット保険から一つを選ぶのはとても困難でしょう。会社の知名度や補償プランなどから選ぶのも一つの方法です。ですがその前にペット保険とは何なのか、現状を知ってください。

これまでのペット保険は、保険会社の商品ではありませんでした。保険業法といった根拠法がなく、事業免許の取得も不要であり、任意団体が「共済」の考え方を取り入れて運営していた無認可共済が多くを占めていました。

ただし、無認可だからといって必ずしも運営がいいかげんだったという訳ではなく、万一事業者が事故を起こした際に、罰則や監督を適用するための根拠となる法律がなかったということです。そのため、トラブルが発生した時の法的救済が期待できない状況が長く続いていました。

平成18年(2006年)に保険業法が改正され、人間の世界でもトラブルが多かった従来の無認可共済は、「保険会社」か「少額短期保険業者」、あるいは「特定保険業者」のいずれかの区分でなければならなくなりました。現在ペット保険を取り扱っているのは、損害保険会社と小額短期保険会社です。従って、ペット保険の加入を比較検討するには、まず引受先が金融庁の認可を受けたペット保険会社、あるいは少額短期保険業者かどうかの確認が必要になります。

取り扱い会社が信頼性が高まるようになっても、その後のトラブルを避けるためには、最初の契約段階で注意深く契約内容を把握しておく必要があります。ペット保険は、どのペットでも入れる訳ではなく、加入条件には、年齢の上限や告知義務などが定められています。また、補償内容は必ず吟味しなくてはなりません。

各保険会社、プランによって、補償内容は異なります。そして、必要と認めているもの以外は補償されません。同じ怪我でも、原因によって補償対象となる場合とならない場合があります。補償内容を十分確認、検討してから契約するようにしましょう。

ペット保険

便利屋 岐阜
便利屋を岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

事務服 ベストスーツ
事務服のベストスーツなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!