十戒

今ペットを飼ってる人、またこれから飼おうとしてる人に、是非読んでいただきたい詩があります。

1.私の一生は10〜15年くらいしかありません。
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。
私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

2.私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

3.私を信頼して下さい......それだけで私は幸せです。

4.私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。
でも......私にはあなただけしかいないのです。

5.時には私に話しかけて下さい。
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、
私に話しかけているあなたの声で理解しています。

6.あなたが私のことをどんな風に扱っているのか気づいて下さい。
私はそのことを決して忘れません。

7.私を叩く前に思い出して下さい。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことができる歯があるけれど、
私はあなたを噛まないようにしているということを。

8.私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に
私がそうなる原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。
適切な食餌をあげなかったのでは?
日中太陽が照りつけている外に長時間放置していたのかも?
心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと

9.私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。

10.最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」
なんて言わないでほしいのです。
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。
忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

Author Unknown

これは、作者不詳のまま広く世界に伝わっている英文の詩で、日本では「犬の十戒」として知られています。 ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容で綴られています。

元々はJane Hallanderによる『鳥の十戒』(10 Commandments of Parrot Ownership)が原文で、それが犬の十戒として翻案され、作者不詳とされたまま流布してしまったとの説もありますが、犬の十戒とは10番目の詩が異なるなど、両者の関係は定かではありません。

犬についての詩ですが、この詩は全ての動物に当てはまることです。この詩を読み心を動かされた方は多くいらっしゃいます。

動物たちのメッセージ