ペットの概要

広義には愛玩を目的として飼育される生物を言い、一般的には日常生活で飼育される動物のことを指します。

主に人間の生活サイクルに対応できる、あるいは干渉しない動物が好まれています。近年ではペットに替わって「コンパニオンアニマル」という概念も普及しています。

日本でペットを飼育する者は、動物の虐待の防止や公衆衛生の観点から、「動物の愛護及び管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などの法令により定められた義務を負うことになります。

動物を飼うということは、動物の命を預かるということです。飼い主は、動物が快適に健康に生活することが出来るようにすると共に、社会や近隣に迷惑を及ぼさないようにする責任と義務があります。飼い主の方が守るべきことを以下に紹介します。

・飼う動物の習性や性格を正しく理解して、最後まで責任を持って飼うこと
飼い始める前から正しい飼い方などの知識を持ち、飼い始めたら、動物の種類に応じた適切な飼い方をして健康・安全に気を配って最後まで責任を持って飼いましょう。

・むやみに繁殖させないようにすること
動物にかけられる時間やお金、空間には限りがあります。自分自身が管理出来る数を超えないようにしてください。責任が取れないようであれば、不妊去勢手術などの繁殖制限措置を取るようにしましょう。

・人に危害を加えたり、近隣に迷惑をかけないようにすること
人を噛んだり、鳴き声などで近隣に迷惑をかけたりしないようにしましょう。動物の種類に応じてしつけや訓練をきちんと行うようにしてください。

・所有者を明らかにすること
飼っている動物が自分のものであることを示す、マイクロチップ、名札などの標識をつけるようにすると良いです。

そもそもペットとは?