ペットについて

近年、ペットは伴侶動物とも表現され、多くの方がペットを飼っています。ペットは人の暮らしに癒しを与えてくれるだけでなく、飼う人にとっての家族の一員になります。嬉しい時も悲しい時も共にする仲間であり、決してオモチャや飾りではありません。

法律上ではペットは「物」として考えられていますが、ペットは人と同じ命を持つ生き物です。昔と今ではペットの飼い方もずいぶん変わってきていますが、動物たちは昔も今も変わりません。人間の生活の一部になるペットが良い生活を送るためにも、ペットのことを理解するよう努めましょう。

ですが、無責任な飼い方をする人がいるというのも現状で、人間の身勝手により不幸になる動物も後を絶ちません。無謀な繁殖や、虐待の話、捨て犬・捨て猫の話も多くあります。そうならないためにも「ペットを飼う」という感覚ではなく「家族が増える」という重い心構えが必要になります。

あなたはペットを飼う時にどんなことを考えるでしょうか。飼うペットの種類、性格なども詳しく理解する必要があります。飼い主になるあなたが、ペットの習性やしつけなどをきちんと理解してから飼うことによって、ペットの問題を未然に防ぐことが出来ます。

不幸なペットを増やさないためにも、まずは知識を身につけましょう。それは、これから飼うペットのためになるのはもちろんのこと、飼い主自身のためにもなるのです。

また、動物というのは好きな人もいれば、嫌いな人もいます。ペットと共に暮らすのであれば、必要最低限のルールは守られなければなりません。ペットが人間社会のルールとうまく付き合っていくためには、飼い主が最低限やらなければならないこと、やるべきことがあります。

ペットを飼う前に

ドクターエム
http://www.dr-m.co.jp/