ペットを飼う環境

マンションやアパートなどの集合住宅では、ペットを飼うことに関する規約が定められています。管理組合などがペットの飼育を全面的に禁止している所もあります。

ペットを禁止している集合住宅でペットを飼うのは、もちろんルール違反になります。ペットに我慢を強いて隠れて飼うことは、ペットを不幸にするだけです。大切なペットとの生活のためにルールは守りましょう。

最近はペットOKのマンションなども増えていますが、集合住宅という性質上、ペットにまつわるトラブルは少なくありません。ペットの種類も豊富になっている近年、飼い主の管理不行き届きによって引き起こされるペットトラブルは、ますます増えていると言えます。

ペットの「飼育環境」と人間の「生活環境」が100%の形で共存する、というのは現実的には難しいことです。しかし、それなりに過ごしやすい環境を整えてあげることは可能です。まずは、きちんとしたマナーを持つよう心がけましょう。ペットOKの集合住宅でペットを飼う際には、飼い主のマナーの高さが問われます。

ペットOKのマンションであってもペットが嫌いな方はいらっしゃいます。近所の方に迷惑をかけないで飼うことは最低限の心がけです。また、ペットによって必要な運動量にも違いがあります。自分のペットがストレスなく過ごせるよう、適切な環境を用意してあげることも大切です。

ペットは人が生活する環境に左右されます。引っ越した先がペット不可のところだから飼えなくなった…なんてことには決してならないようにして下さい。

ペットを飼う前に