ペット公害

最近はペットを飼っている人がとても多いですが、それに伴いペットによる公害も増加しています。例えば近所で飼育されている犬の鳴き声がうるさかったり、大量の動物を無造作に飼育している人が近所にいるということなどがあります。

このようなペット公害の原因は、常識不足と共に、飼い主の知識不足でもあると言えます。動物を飼う前によく勉強しなかったために、しつけの方法が分からないまま育ててしまうのです。

ペットを飼うということは簡単なことではありません。鳴き声や噛みつき、脱走などで人に迷惑をかけないようにすることが、ペット公害を防ぐ第一歩になります。しつけをして叱るのは可哀そうと思っている方も多いですが、きちんとしつけをしていないと他人を噛んだり、場所を問わずに糞尿したりしてしまうことになります。

そうなると飼い主や周りの人だけでなく、ペット自身も不幸になってしまいかねません。近所には動物が苦手な人もいるかもしれません。飼い主が正しくしつけ、他人に迷惑をかけることがないようにすることが必要です。自分でしつけが出来ない場合は専門家にお願いしてみるのも良いと思います。

無駄な鳴き声については、適切なトレーニングを行うことでほとんど防ぐことが出来ます。どうしても自分で出来ない場合は専門家にトレーニングしてもらうか、専門家の下で飼い主がトレーニングをすると良いでしょう。

糞尿のトラブルも、飼い主が気をつけることで改善することが出来ます。飼い主による犬の散歩中の糞の回収が一般化したことで、路上や公園などの糞公害は減っていますが、未だにマナーの悪い飼い主がたくさんいるのも事実です。ペットを飼うのであれば、ペットの糞尿の管理は飼い主にとって当たり前の責任であると言えます。

ペットを飼う前に