しつけって難しい?

ペットのしつけは、動物と人間の間にトラブルがないように生活するための大切なマナーです。 ペットのしつけというのは、おすわりやお手などを教えることだけではありません。しつけというのは、人間とペットが楽しく暮らすための方法やルールをペットに教えることです。

トイレを決まった所でする、遠吠えをしないようにする、人のことを噛まないようにするなどの禁止事項を教えたり、遊んでも良いおもちゃを教えるというようなこともしつけに含まれます。

ですが、初めて動物を家に迎え入れた人にとっては、しつけは難しいものだと思います。まず叱ることと、怒ることは違うということを覚えておきましょう。

人から見たペットの問題行動のほとんどは、ペットにとっては当たり前のことです。例えば、吠えることは、人であれば話すのと同じで、噛むことは、人であれば手を使うのと同じなのです。私たちが当たり前にしている行動と同じで、ペットがする行動には必ず意味があります。

人と同じように、ペットにもそれぞれ性格や個性があります。気が強い子もいれば、温厚な子もいますし、神経質な子もいます。ですから、ペットによってしつけの仕方もそれぞれ違います。

動物にはそれぞれ社会化を迎える時期というものがあります。社会化期は、精神的に子供から大人に成長する過程で社会性を身につける時期のことです。同種の仲間や人を認識し、受け入れ、社会生活をしていくための基本ルールを学ぶという高い学習能力を示します。この時期に、刺激のない、多くの動物や人と接しない生活を送ると、その後ペットは社会性のない動物になってしまいます。飼い主は、社会期のペットとの過ごし方を十分に勉強することが必要です。

しつけというのは、人とペットの間にしっかりとした信頼関係があって初めて成り立つものです。信頼関係を築くことは簡単なことではありませんが、まずは飼い主がペットの気持ちを理解する努力をすることが大切です。

しつけについて

人生を変える!「不労所得の作り方」を学ぶ為には