毎日の運動

ペットと健康に過ごすためには、毎日一緒に散歩に出かけたり、広い場所で体を動かしたりすることが大切になります。適度な運動はペットだけでなく、人間にとっても大切なことです。

健康のためだけでなく、ストレス解消のためにどんなペットでも毎日の運動は欠かせないものです。動物はもともと大自然に生きていたわけですから、運動に関してもさまざまな本能を持っています。しかし、私たちと共に生活して社会に共存するのであれば、本能のままに生きていくというわけにはいきません。

必要な運動量というのは、遺伝的なことや筋肉の量によって変わります。ペットの大きさで決めるのではなく、飼い主がきっちりと見極めてあげるようにして下さい。運動不足は良くありませんが、運動のしすぎも注意が必要です。

例えば犬であれば、横の動きが基本となり、ネコの場合は縦の動きが基本となります。ほとんどの犬は、朝と夕方に30分ほどの散歩が必要になります。しかし、仕事などをしているとどうしても不定期になってしまうことがあると思います。

そのような場合は、週末のドッグランなどで運動量を補うようにしましょう。また、散歩に行った後にも注意しなければならないことがあります。犬は皮膚に汗をかくことが出来ません。ですが、肉球の周囲には汗腺が発達していて、その部分は人と同じように汗をかくことが出来るようになっています。

肉球が汚れていると病気になってしまうことがありますので、散歩から帰ったら必ず拭いてあげるようにしてください。人によっては、毎日散歩から帰ってくる度にシャンプーで洗っているという方もいらっしゃいますが、毎日シャンプーをすると皮膚バリアがなくなって皮膚が炎症を起こしやすくなりますので、シャンプーはたまに行うようにしてください。

ペットの健康管理

ピアノ買取の際は札幌のこちらへ
http://www.piano-inoue.com/