排泄物のチェック

人と同じくペットの排泄物は、健康のバロメーターになります。普段から、尿や便の色、量、回数、においなどを細かくチェックしておくようにしましょう。オシッコや便の色はいつもと同じかどうか、下痢などをしていないか、においはいつも通りかなどを、片付ける際にきちんと確認することが大切です。

例えば、お肉を食べると便の色が黒っぽくなったりすることがあります。ですが、消化管内で出血がある場合も便が黒っぽくなることがあります。便のにおいが強い場合は、消化不良や病気を起こしている可能性があります。また便の硬さというのは、含まれている水分によって違います。消化の良くないものを食べすぎたりして消化不良を起こすと水分が多い便になります。

このように、便の色やにおいからはさまざまなことが分かりますので、欠かさず毎日見るようにしてください。日々の変化を見逃さないようにすることが大切です。ペットの変化は毎日一緒に生活している飼い主が1番分かることです。排泄物がいつもと違ったり、変わっているなという場合は早めに病院に連れて行き、適切な治療を受けるようにして下さい。

心配であれば、数カ月に1回行う糞便検査を定期的にすることをおすすめします。糞便検査はペットにほとんど苦痛を与えずに行うことが出来る検査で、私たち飼い主にさまざまな情報を教えてくれます。糞便検査ではまずは便の見た目をチェックし、色・におい・形・形状を調べます。

次に、顕微鏡で更に細かく検査します。顕微鏡検査では、細菌の状態、寄生虫の有無が分かります。寄生虫がいる場合は寄生虫の卵を発見することができます。

排泄物によって、大事なペットの健康をチェックすることができます。よく観察するだけで病気の早期発見にもつながりますので、毎日のお散歩のときなどに排泄物の状態を見るようにしましょう。

ペットの健康管理

水レンタルサーバー/ウォーターサーバーレンタル無料
http://pcwater.jp/

ティアモ
ティアモをお考えの方に朗報です!